無痛治療で歯周病を治す

ホームへ戻る >  健康な歯づくり  > 無痛治療で歯周病を治す

歯磨き粉のコマーシャルか何かで「日本の成人(30歳以上)のうち約80%が歯周病である」というフレーズを聞いてドキッとしたことはありませんか。約80%なら、自覚症状がなくても自分もかかっている可能性は高いですが「じゃあ、歯医者に行こうか」と行動にうつす人は少ないでしょう。何故なら、歯医者に行くと痛くされると思いこんでいるから……。けれども、歯周病でも無痛治療は可能です。


 歯周病は、歯の根元の周りに歯垢(プラーク)といった汚れや細菌(歯周病菌)が付着して歯と歯ぐきの境目の溝(歯周ポケット)の奥深くまで歯石がたまり、歯ぐきが腫れたり出血するようになり、治療をしないでほおっておくと歯ぐきや歯を支えている骨が破壊されて歯がグラグラして抜けてしまうという怖い病気です。

歯周病の主な治療は歯磨きの指導と歯石の除去(スケーリング)で、初期段階では麻酔をかけなくても可能ですが、病気が進行するとスケーリングだけでは歯石を除去することが難しくなり麻酔が必要になります。この際もレーザーを使った治療や痛くない麻酔による無痛治療が可能です。さらに重度になると、麻酔をして歯肉を切除して開く外科手術(フラップ手術など)が必要になる場合があります。この場合も、無痛治療に対応しているか聞いてみましょう。


最新の歯周病治療では、歯垢を顕微鏡で調べて歯周病の進行を早めるカンジダ(カビ)、スピロヘーター(歯周病菌)、桿菌(かんきん)が検出された場合は、この3つの悪玉菌を除去する歯周内科治療が行われるようになりました。これは、薬剤や歯磨き粉を用いるものですからもちろん無痛治療になります。


歯周病にならないためには正しい歯磨きや歯科医院で早めに歯石をとってもらったり定期健診を行うなどの予防が大切です。「もしかしたら歯周病かも」と思ったら早めの発見、治療がカギですから、気軽に歯科医院を訪ねてみてはいかがですか。