健康な歯づくり

ホームへ戻る > 健康な歯づくり

無痛治療で歯周病を治す
ネットで歯医者を探す
歯医者で入れ歯作りのルール
訪問歯科の需要
ラミネートベニアという治療法

千葉県では8020運動に取り組んでいる団体や歯科が多くみられます。これは80歳になっても自分の歯が20本以上残っていることをめざして行なわれている運動です。これは健康な歯づくりはお母さんのおなかの中にいる胎児期から始まり、子どもの頃からむし歯予防の生活習慣をつければ、大人になってからもむし歯や歯周病などの予防につながり、それが8020への成功へつながると言うことを目的に千葉のあらゆるところで実施しています。

代表的な例としては、千葉の学校で学校歯科医師による講演会や歯のブラッシング指導などを通じた口腔衛生の啓発や、地元歯科医による定期的な歯の健診等を推奨する事によって虫歯や歯周病を防ぎ、少しでも8020へ近づける努力をしています。しかし、歯科医師による学校や保健所等での集団検診では歯科医院の空間でする検診とことなり、明るさが足りなかったり、歯に風をかけるエアーというシステムがないために、むし歯が発見されないままになってしまうこともあります。とくに奥歯のかみ合わせの部分は唾液が溜まりやすく、エアーをかけないと虫歯が見つかりにくいです。やはり、学校などでの検診の他にかかりつけの医療機関にて定期的に検診を受けることを千葉県では推奨しています。