レーザーで無痛治療の歯医者

ホームへ戻る > レーザーで無痛治療の歯医者

眠っている間に無痛歯科治療
待ち時間の少ない歯医者
歯医者で入れ歯作り
歯周病とタバコ
歯周病とストレスの関係

歯医者嫌いの理由を聞くと、歯を削るキーンという音が苦手という人が多くいます。その歯を削るときの不快な音やガリガリ削れられる振動がない無痛治療に「レーザー治療」があります。レーザー治療というと、家電やCD、DVDなどに使用されているほか、皮膚科のシミやホクロの除去や脱毛、近視レーザー治療(レーシック手術)などでおなじみだと思います。


歯医者におけるレーザー治療はまだ一般的とはいえないものの、治療範囲も広く将来性も含めて期待されています。


レーザー治療には、殺菌効果、止血効果などがありますが、なかでも画期的なのが歯を削る無痛治療ではないでしょうか。レーザーをあてることで水分を蒸発させ虫歯の部分だけを分解させながら、歯の表面を硬く虫歯になりにくい状態にするもので、ほとんどが麻酔注射なしで痛みやストレスを感じることなく治療ができます。

レーザーは、虫歯の治療のほか、口内炎や知覚過敏、歯周病で腫れた歯ぐきを落ち着かせたり歯石を除去したり、歯肉の切開・切除などさまざまで、無痛治療を望む人に喜ばれています。見た目にこだわる人には、歯ぐきの形を整えたり、黒ずみをきれいにする治療などにもレーザー治療が使われ、今後の可能性も期待されています。


歯科レーザーによる治療は基本的には健康保険外になりますが、レーザーの一種であるEr.YAG(エルビウムヤグ)を使った虫歯治療のみ、平成22年4月の改正以来、健康保険の適用範囲内で行うことができるようになりました。