歯周組織から膿が出る症状

ホームへ戻る >  相性の良い歯医者を見つける  > 歯周組織から膿が出る症状

歯周病は、歯の周辺の組織が歯垢(プラーク)に含まる歯周病菌と呼ばれる最近に感染して起こる病気です。歯ぐきが腫れたり、出血したり、進行すると最終的には歯が抜けてしまう歯の周りの病気の総称で、日本人が歯を失うもっとも大きな原因のひとつです。歯周病の初期の段階では、自覚症状がほとんどないため、気付かないことが多く、実際には日本人の成人の約80%が歯肉炎や歯周炎などの歯周病にかかっているといわれています。歯槽膿漏(しそうのうろう)という言葉がありますが、歯槽膿漏は字のごとく、歯周組織から膿(うみ)が出る症状のことで、歯周病の一症状のことなのですが、最近では歯槽膿漏という言葉はあまり使われなくなり、歯槽膿漏を含めて歯周病という言葉を使う事が多くなっています。

歯周病を予防する為に、定期的に歯科検診を受診することが大切です。台東区は、東京23区の中央からやや北東寄りに位置し、東側は隅田川、南側は神田川に接しています。江戸時代を通じて、東京で最も古い市街地のひとつで、浅草にある浅草寺は建立1400年の歴史を誇ります。台東区の中心駅である上野駅は古くから北関東・東北地方からの玄関口と知られ、新幹線も停車します。面積は23区の中で最も狭く、全般的に商業地であるため、純粋な住宅地は少なく、ビルやマンションなど土地の高度利用が進んでいます。インターネットでは台東区の歯医者をたくさん検索できますので、歯周病にならない為にも早めに受診しましょう。