無痛治療で歯医者嫌いを克服

ホームへ戻る >  歯医者の年収  > 無痛治療で歯医者嫌いを克服

子どもが歯医者嫌いで、診察室で泣いたり騒いだりして口を開けないと困っているお母さんは多いと思います。その場合は「無痛治療」に力を入れている歯科医院を選ぶのがまずひとつでしょう。子どもでも、針を使わない表面麻酔など痛くない「無痛治療」は可能ですから歯医者さんに相談してみましょう。加えて、最近は待合室におもちゃや絵本を置いたり、BGMやインテリアを楽しい雰囲気にしたり、衛生士さんがピンクやブルーの服を着るなど、緊張をやわらげる工夫もしている小児歯科もあります。


子どもが歯医者に行きたがらない時、お母さんが「怖くないよ」「痛くないよ」と言うと逆に身構えてしまいますから、「本当に怖いのは虫歯君だよ。虫歯君を退治しよう」と教えてあげましょう。そして診察室で大きく口を開くことができたら「偉いね」「さすが△△ちゃん、よくできたね」とほめてあげるといいですね。

もし、乳歯は生え変わるから虫歯になっても大丈夫と思っているなら間違いです。乳歯は未熟で柔らかいために虫歯になりやすく、虫歯が進むと根っこの下から生えてくる永久歯にも悪影響をおよぼすのです。乳歯のうちから大人が歯磨きや口の中の環境に気をつけて定期健診を受けておけば、虫歯を早めに見つけることができるでしょう。もし歯がしみたり痛んだりするのはかなり進行している証拠。ごく初期段階の虫歯ならフッ素を塗ることで虫歯の進行を防げる場合もありますし、虫歯が小さく削る部分が少なければ当然痛みも軽くなります。


「無痛治療」に頼る前に、子どもの頃から歯医者さんと仲良くなって虫歯を早期発見、早期治療することが大事です。