無痛治療の基本「表面麻酔」

ホームへ戻る >  歯医者の年収  > 無痛治療の基本「表面麻酔」

歯医者嫌いでない人も、痛みを感じることなく歯を治療したいと思うのは当然でしょう。歯科医院で採用している「無痛治療」の種類のうち、一般によく使われているのが「表面麻酔」です。親知らずを抜いたり虫歯を削るなどの治療の前には局所麻酔をします。この局所麻酔は、治療する歯の周りの歯肉に麻酔注射を刺して麻酔液を骨の奥までしみこませ、歯の根っこの先端にある神経をブロックして痛みを感じないようにすることが目的です。しかし、歯ぐきに麻酔注射をすること自体が怖い、痛いという人も結構いると思います。


無痛治療の「表面麻酔」は、局所麻酔の針を刺す歯ぐきの表面に軟膏状の薬をぬって浸透させ痛みに対する感覚を麻痺させてから麻酔をする、いわゆる麻酔のための麻酔です。塗るタイプの他に、濃度の高い麻酔剤を含む透明シールを歯ぐきに貼りつけるテープ式の表面麻酔もあります。この「表面麻酔」は目をつぶっていれば麻酔注射がいつ刺されたかほとんどわからないうちにスムーズに「無痛治療」に入ることができます。


「表面麻酔」は針を使わないプレ麻酔ですが、針のない麻酔注射器もあります。針はなく先端に穴が開いているだけの注射器を患部にあてて高圧のジェット噴射で麻酔液を浸透させる方法で、一瞬で終わります。


 塗るだけ、貼るだけの「表面麻酔」や針のない麻酔注射器は、身体や精神面への負担が軽く健康保険適用内でできる無痛治療として、注射が苦手な方に喜ばれています。