歯医者で親知らず移植

ホームへ戻る >  歯医者の年収  > 歯医者で親知らず移植

最近では、歯医者の業界での医療の技術進歩は、目覚ましいものがあります。歯の移植治療を行うことも、決して夢ではなくなってきていると言われています。


もし歯医者で移植治療が可能になれば、例えば、親知らずを活用することもできるようになります。親知らずで抜歯をすれば、それは破棄する以外に方法がありませんでした。しかし移植治療が可能になれば、抜歯した親知らずを使って、移植することもできるようになります。そもそも親知らずは、狭いところに生えてくる歯なので、スペースの問題から倒れた感じで生えてくることも多いです。

しかしきちんとスペースが確保されているのであれば、しっかりとした普通の歯に成長できた可能性は高いです。例えば、奥歯が虫歯になっていて、歯医者でその歯を抜歯したとします。そうすれば、ブリッジを使って失った奥歯の代わりをするのですが、親知らずをブリッジの土台にすることも可能になります。


また移植が可能になれば、抜いてしまった親知らずを破棄することもなくなります。いざという時のために取っておくこともできるわけです。もし虫歯や歯周病になって、現在生えている歯がダメになってしまったとします。そうすれば、この抜歯をして保管しておいた親知らずを使って移植することもできるわけです。実際、抜いた親知らずをストックとして、残しておいた方が良いとアドバイスをする歯医者も出てきていると言います。必要ないと思われた親知らずが、今後重要な役割を担う可能性もあるわけです。