無痛治療は本当に痛くないの?

ホームへ戻る >  歯医者の救急を探す  > 無痛治療は本当に痛くないの?

虫歯になっても我慢できなくなるまで歯医者に行かないという人は多いのではないでしょうか。すぐに歯医者に行かない大きな理由は、歯医者の治療は痛い、怖いというイメージがあるからだと思います。子どもの頃に歯医者が苦手になり、大人になっても「歯医者イコール痛い」イメージをもち続けている人が多くいます。けれども今は技術が進歩して「無痛治療」「痛くない治療」を行っている歯科医院を多くみかけます。


痛みのない治療と書く「無痛治療」ですが、痛みとは身体の痛みを感じるセンサーから刺激が脳に伝わって感じる感覚ですから、神経がある限り全く痛みがないとは言いきれません。もちろん「もう、終わったの?」と治療に気づかないくらい痛みを感じない無痛治療もありますが、痛みゼロを期待するより「患者が痛みを感じないよう工夫された最新治療」ととらえた方が賢明でしょう。

また、痛みは身体の異常や病気を知らせるサインであり、どの程度で痛みを感じるかは個人の経験や感覚、その日の体調によっても異なります。痛いという先入観をもって臨めば身体は痛みに敏感に反応しますし、「無痛治療」を行うと思って臨むだけでも痛みに対して神経質にならずやんわり受け止めることができるはずです。


「無痛治療」を行う際は精神的なものも影響しますから、事前に歯科医師にどんな治療が行われるかを聞いて「この歯医者さんなら安心してまかせられそう」と納得するだけでも恐怖心や痛みがかなり薄れると思いますよ。