歯医者の親知らず抜歯

ホームへ戻る >  歯医者の救急を探す  > 歯医者の親知らず抜歯

親知らずが生えてきた場合、その歯を抜くべきかどうか、けっこう悩むのではないでしょうか?抜かないことで虫歯になってしまう可能性がありますし、一方で歯医者に行って抜いてしまったことでその個所から細菌感染をしてしまっても、意味がありません。ところで、歯医者では、親知らずを抜歯すべきと判断するケースとして、どのようなものがあるのでしょうか?


まず親知らずの生えてきた個所の反対側に歯があるかどうかについてです。もし相棒になるような歯がなければ、その親知らずを使って、食べ物を噛むことができません。

つまり、生えているだけ無駄ということになります。場合によっては、反対側の歯ぐきや粘膜を傷つけることになってしまいかねません。そこで、抜歯をして無駄なものを取り除く必要があります。


また親知らずが、斜めに生えてきてしまうようなケースもあります。この場合、きちんと食べ物をかみ砕くという、歯本来の機能をはたすことができなくなってしまいます。この場合にも、親知らずは抜歯すべきと判断されることが多いです。


また親知らずは、奥歯に生えるのが一般的ですが、奥歯の後ろにある歯肉で誤って食事をしている時などにかんでしまうような親知らずもあります。このような場合、抜歯をする可能性があります。しかも一回ミスで歯肉をかんでしまって、腫れるくらいであれば良いのですが、繰り返し噛んでしまう場合には、抜歯をした方が良いでしょう。このようなケースでは、歯医者も抜歯を勧めることが多いです。