歯医者の根管治療

ホームへ戻る >  歯医者の救急を探す  > 歯医者の根管治療

虫歯を放置しておくと虫歯菌が神経にまで及んでしまう場合があります。そうなると非常に激しい痛みに悩まされることになりますが、治療も時間と手間がかかってしまうことになります。神経にまで虫歯の被害が及んでしまった場合、歯医者でその神経を引き抜く必要がでてきます。この治療方法を根管治療といいます。これは通常の虫歯の部分を削って詰め物をする治療に比べてはるかに難しく、時間がかかる治療となっています。


この治療が大変なのは歯の根にまで達してしまった細菌を完全に除去することが非常に難しいからです。歯の内部に入り込んでしまった細菌はドリルで削って除去するというわけにはいかず、しっかりと消毒を行ったうえで特殊な器具で除去していく必要があるのです。歯の根の内部は直接見ることができないうえ、奥歯などの場合は器具が届きにくいといった問題があるためとくに困難となります。

歯医者に通っているのになかなか治療が進まない、いつまで経っても詰め物を使おうとしない、とイライラさせられることも多いのは根管治療のこうした特徴によるものです。最大の注意点となるのは十分に消毒されているかどうか。根管治療を終えた後にはクラウンを被せることになります。ですから、中途半端に細菌が残ってしまっている場合、クラウンを被せた後で歯の内部で再び感染がはじまってしまう可能性もあるのです。そうなると再びクラウンを外して治療を行わなければならなくなります。歯医者の腕が問われることになるのです。


このように、根管治療は手間と時間がかかる難易度の高い治療内容となります。できればそこまで悪化する前に治療を行っておきたいところです。