歯医者のアフターケア

ホームへ戻る >  歯医者の救急を探す  > 歯医者のアフターケア

よく誤解されていることがあるのですが、虫歯の治療をしに歯医者に行ったとします。そして歯医者で治療を受けて、治療が完了したとします。ここで治療は完了したので、これ以上歯医者に通う必要はないと思っている人も結構多いようです。しかし実際には、引き続きクリニックには通ったほうが良いとされています。アフターケアをすることは、虫歯の再発を防ぐ意味でも重要なこととされているからです。


私たちは、歯を毎日使っています。普通1日3食食事をします。食事をする時には当然のことながら、歯を使って食べ物をかみ砕いていきます。また食事以外でも、おやつなどを間食する人も多いのではないでしょうか?

そうなると、より歯を使う機会は多くなります。そうなると、歯を酷使している分、いろいろとマイナーな歯の不具合が起きる可能性は大いにあるのです。ですから、虫歯治療をした後も、定期的に歯科クリニックに通って、歯のコンディションをチェックしてもらったほうが良いのです。


そこで、もし虫歯の治療をする時には、虫歯の治療にかかる治療費を意識することは重要です。それ以外にも、このアフターケアにかかる治療費についてもきちんとイメージをしておくことが重要です。虫歯治療は基本的には、保険診療で3割だけの負担で治療を受けることができます。しかし中には、自由診療扱いになるケースもあります。アフターケアのことも頭に入れて、自由診療で大丈夫か、慎重に判断することです。