最新の3Mix-MP法について

ホームへ戻る >  歯軋りを軽減  > 最新の3Mix-MP法について

歯科業界では続々と新技術が投入されている状況です。ドリルで虫歯の部分を削っていく治療方法は現在でも主流ではありますが、虫歯の状況や患者の希望に合わせてその他の治療方法も利用できるようになりました。歯医者でも患者獲得のためにさまざまな最新治療を導入するようになっています。


そんな歯科業界での最新治療のひとつに3Mix-MP法というものがあります。聞いたことがないという人がほとんどかもしれませんが、これまでの虫歯治療を覆すような画期的な内容となっています。


簡単に言えば抗生物質と抗菌剤を混ぜ合わせた薬剤を虫歯の部分に詰めることで治療を行う方法です。メトロニダゾール、ミノサイクリン、シプロフロキサシンという3種類の薬剤を混ぜ合わせ、さらにMPという薬剤を歯に行き渡らせるための物質を加えて使用されます。この薬剤を詰めることで虫歯菌を殺菌して治療を行うのです。


この方法からも推測できるように、最大の特徴は「削らずに済む」という点にあります。薬剤を詰めるために最小限に削るだけで済みますから、痛みも最小限で済ませることができます。本来なら麻酔を使用する必要がある場合でも、この治療法なら必要なく済ませることもできるのです。

さらに、虫歯が神経にまで及んでしまっている場合でもこの方法なら神経を抜かずに残したまま治療を行う可能性があります。


このように、この3Mix-MP法ではこれまでの歯医者での治療に伴っていた負担を軽減させることができるのです。今後この方法を取り扱う歯医者も増えていくことが予想されますから、覚えておくとよいのではないでしょうか。