一般歯科と審美歯科の違い

ホームへ戻る >  歯軋りを軽減  > 一般歯科と審美歯科の違い

一般歯科と審美歯科の違い治療を受ける歯医者を選ぼうと情報収集をはじめた時に疑問に感じることが多いのが、一般歯科と審美歯科の違いです。いったい何が違うのか、どちらを選んだらよいのか悩む人も多いのではないでしょうか。とくに近年審美歯科が増えているため、その傾向が高まっています。


一般歯科と審美歯科との違いは大きく分けて2点。「見栄えにこだわった治療を行うか」「保険適用外の治療を行うか」です。この2つの間には密接な関連があります。


虫歯や歯周病の治療は原則として保険が適用されます。しかし、それはあくまで症状を解消するために必要な最低限の治療に関してのもの。そのため治療はできたはいいものの、見栄えの点で大きな問題が生じる場合があります。銀歯の被せ物などはその代表的な例といえるでしょう。審美歯科ではそうした一般歯科で行う保険適用の治療とは異なるより見栄えのよさにこだわった治療を行っています。

また審美歯科では一般歯科で行うものとはまったく異なる治療を行うこともあります。たとえば、歯を白くするホワイトニングなど。もともと虫歯や歯周病などの疾患を抱えていないにも関わらず見栄えをよくしようという目的で行う治療です。近年こういった治療を受ける人が増えているといわれています。


もちろん、審美歯科の歯医者も一般歯科の歯医者と同様、虫歯や歯周病の治療を行います。通常の虫歯の治療を行うこともありますし、審美的な治療を行う前に虫歯や歯周病を治す必要があるのです。歯医者を選ぶ際にはこういった見栄えや保険適用の有無なども考えて判断するとよいのではないでしょうか。