20年ほど前から増加している歯科治療

ホームへ戻る >  歯軋りを軽減  > 20年ほど前から増加している歯科治療

20年ほど前から増加している歯科治療虫歯や怪我などで歯を失ってしまった場合、入れ歯による治療を思い浮かべますが、最近はインプラントと呼ばれる治療法を希望する患者が増えてきています。

インプラントは20年ほど前から増加している歯科治療の一つです。失われてしまった自分の歯に代わって、金属の人口歯根を埋め込み、人口の歯を補う治療方法です。この治療法のメリットとしては、周囲の歯に負担をかけずに失ってしまった歯を人工的に取り戻す事ができることです。入れ歯は周囲の歯に針金をかける為、どうしても針金をかけられた歯に負担がかかってしまうのです。インプラントであれば、残っている歯も守る事が出来、天然の歯に近い噛む力と美しさが期待できます。デメリットとしては、保険が適用されない為に、治療費が全額自費になることや、一回の治療に30分以上の外科手術が必要となることなどです。治療が完了するまでにある程度の期間が必要になります。足立インプラントと検索をかけると、インプラント治療を行っている足立区周辺にある歯科医院が数多く検索できます。

数多くある足立区周辺の治療院での治療費は、一本10万円~40万円と、価格は病院によって異なり大きな差があることが分かります。インプラントの治療は高度な治療技術が必要となりますので、治療技術のある信頼のおける医師を選ぶ必要があります。