歯垢や歯石を専用機材でクリーニング

ホームへ戻る >  歯軋りを軽減  > 歯垢や歯石を専用機材でクリーニング

歯垢や歯石を専用機材でクリーニング日本と歯科治療の先進国であるフィンランドで、小学生の虫歯の保有数を比べると、日本はフィンランドの4倍虫歯があるといわれています。これは、日本に比べるとフィンランドが「予防」を主とした治療に積極的に取り組んでいる結果です。予防歯科は近年、日本でも取り入れている歯科が増えてきています。予防歯科とは今までの歯科治療とは違い、虫歯や歯周病にならないための治療です。虫歯や歯周病によって歯や顎の骨が溶けてしまい、永久歯を失ってしまうと二度と歯は生えることがありません。予防歯科では、機材と自宅でのブラッシングで完全に取り除くことができない歯垢や歯石を専用機材でクリーニングし、フッ素塗布を行います。これはPMTCと呼ばれ、歯科医や歯科衛生士が行う歯のクリーニングで、虫歯や歯周病の最大の原因であるバイオフィルム(細菌のかたまり)を除去する方法です。

他にも予防歯科では歯のホームケアを適切に行うように、ブラッシング指導なども行います。港区の歯科で予防歯科を探すなら、科目で港区の歯科医を検索できるサイトが便利です。「科目選択ドクターサーチ.Com」では、港区の歯科・矯正歯科・口腔外科・インプラント・審美歯科を科目で検索できます。