歯軋りを軽減

ホームへ戻る > 歯軋りを軽減

歯垢や歯石を専用機材でクリーニング
20年ほど前から増加している歯科治療
一般歯科と審美歯科の違い
歯医者の親知らず無痛治療
最新の3Mix-MP法について

歯軋りを軽減歯痛は噛み合わせのズレや寝ている間の歯軋りが原因の場合もあります。歯軋りは日常のストレスを解消する動作のようですが、あまり強いようですと歯が削れてしまったり顎関節症の原因にもなりますので、埼玉の歯医者さんでは就寝時に装着するマウスピースの作成を勧めています。ドラッグストアやスポーツ用品店などでもマウスピースを購入できますが、自分の歯型に合わないと違和感があり、顎や歯に悪影響となってしまいます。歯軋りを軽減させるためには歯医者さんで歯形をとって自分にフィットするマウスピースを作ることが大切です。最近は子供の歯軋りも多く聞かれますので、定期的に歯の成長を見てもらうことや自分の歯の治療痕などがカルテを見て一目瞭然で分かるように、埼玉ではかかりつけの歯医者さんを持ちましょうと呼びかけています。

怖いけれど腕のいい先生や何でも相談できる人柄のよい先生など自分と相性のよい歯医者さんを見つけることが重要といえます。埼玉医科大学では、小さい子供さんがいてなかなか歯医者にかかれない方や高齢で出歩けない方などの様々なニーズに応える総合医療センターがあります。口コミ情報もありますので、参考にしてみるとよいと思います。